アヴィニョンからシャルルドゴール空港へ移動するのにTGV1等車に乗ってみました

アヴィニョンからフランスの新幹線「TGV」に乗ってシャルルドゴール空港へと移動します。フランスを縦断する移動です。

TGVの予約のチケットは日本であらかじめ予約していきました。

早めに予約したので1等車が74ユーロで購入することができました。2等車でも69ユーロだったので、1000円も変わりません。とってもお得!

2等車とほぼ変わらないこの金額で1等車に乗れるので即予約しました。

飛行機なども同じですが早く予約するほうが安いチケットを購入できます。ただし、安い料金の切符なので変更や払い戻しはできませんのでご注意ください。

アヴィニョンからTGV駅まで移動

アヴィニョンの市街に近い駅は通常のCNCFの駅で、この駅にはTGVは止まりません。TGVに乗るにはアヴィニョンTGV駅に移動しなければいけません。

大阪駅と新大阪駅のようなイメージです。

アヴィニョンTGV駅の出発時間が7時15分と朝早めの便だったので、前日にエクスヴァンプロバンスからアヴィニョンに着いたときに駅の窓口であらかじめ切符を買っておきました。

アヴィニョンからアヴィニョンTGVまで1.6ユーロです。

早朝のアヴィニョン駅。電車はガラガラでした。

アヴィニョンTGV駅で新幹線に乗る

アヴィニョンTGV駅はスタイリッシュでデザイン性の高い駅です。ただ、ホーム数は少なく2つくらいしかないような感じ。

TGV駅に関しても改札はないのでホーム番号を確認してそのまま電車に乗り込みます。

フランスの電車のホーム番号は電車の出発の20分前くらいにならないと表示されないので、しばらく待ってから表示されたホーム番号に移動しました。定刻の7時15分より少し遅れて電車が到着しました。

1等車の電車の中はこんな感じです。1人かけと2人かけの1列3人の座席配列です。

さすが1等席は座席はとてもゆったりしていてスーツケースを足元に置いても十分座ることができました。

機内持ち込みサイズのスーツケースであれば上の棚に置いている人がほとんどでした。上にあげるのが大変だったので、私の場合は足元に置いていました。

このスーツケースは機内持ち込みできるサイズなので、もっと大きい場合はスーツケースは入口に置くところがありました。

テーブルを出してパソコンを打つのも問題なし。向かい合わせのコンパートメント席もあり、打ち合わせをしている会社員風の人たちもいました。

1等車でも話をしている人が多いので、日本のグリーン車よりもう少しにぎやかな感じです。

社内に長時間乗っていると少し寒かったので、女性の方はカーディガンなど羽織るものがあったほうがいいかもしれません。

切符は車内で駅員さんが回ってきて行います。印刷したE-ticketのバーコードかSNCFのアプリのバーコードを見せて読み取ってもらって終了です。

今回は、SNCFのアプリをダウンロードしこのバーコードを見せました。印刷する手間もいりませんし、用紙を忘れたり探し出したりする必要がないのでとても便利でした。

リヨン駅でTGVを乗り換え

アヴィニョンから1時間10分ほど乗り、LYON PART DIEU駅で乗り換えです。LYON PART DIEU駅 には出発時と同様5分ほど遅れて到着しました。乗り換え時間は36分間あったので、気持ち的にも余裕ありです。

リヨン駅には2つ駅があるらしく、チケット予約のときに違う駅でないことをチケットでしっかり確認しておきました。

LYON PART DIEU駅はホーム数も多く、たくさんの人でごった返していました。フランスはホーム番号が出発の少し前にならないとわからないので、多くの人が電光掲示板の前で待機しています。

今回は10分前にならないとホーム番号がわからず、番号が提示されるとともにみんな一斉に動き出すのでかなりの混雑です。もうちょっとスムーズにできないものかと思ってしまいますね。

無事に予定の列車に乗り込み、シャルルドゴール空港まで2時間電車の旅です。

この電車はブリュッセルまで行く電車なので、後は乗り過ごさないようにだけ注意が必要です。

1等車はほとんどの人がパソコンを広げてパチパチなにやらやっている様子です。今回の車内は、アヴィニョンからリヨンへの電車に比べてかなり静かです。

私もフランスの田舎町を車窓から眺めながら、Macを広げてこの記事を書いています。

車窓を眺めていると本当に緑ばっかりで、フランスってパリとマルセイユ、ニースくらいしか都会はないんだなぁと改めて感じる風景でした。

シャルルドゴール空港に到着

LYON PART DIEU駅は定刻に出発し、約2時間の電車の旅を終えシャルルドゴール空港には11時2分定刻に到着しました。

TGVのシャルルドゴール空港駅はそれほど大きなターミナルではなく、こじんまりした駅でした。

鉄道で空港に来る人はあまりいないのかな?とも思いましたが、まぁまぁたくさんの人がこの駅で降りたのでそうでもなさそうです。

駅から空港のターミナルへは飛行機のマークの案内に従っていくと迷うことなく、無事にターミナルに到着することができました。

他国で電車に乗るのは少しドキドキする体験ですが、案ずるより産むが易しでやってみる意外となんでもできるものです。

ヨーロッパは鉄道網が充実していてとても便利なので、ゆったりとした鉄道の旅もとってもおすすめです!

これは電車に限らずですが遅れることもちょくちょくあるので、余裕を持った旅行計画にすることがポイントですね。

⇒南フランスの見どころを巡るならコチラ!

ホテル予約でキャッシュバックを受ける方法

みなさん、ホテルの予約はどのようにされていますか?

ホテル予約の度に毎回「キャッシュバックを受け取れる」としたら、嬉しいですよね!


「ホテルを少しでも安く、お得に予約したい!」

その思いで、試行錯誤してきた私のおすすめホテルの予約方法をご紹介します!

ホテル予約で毎回キャッシュバックを受ける方法はコチラ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アヴィニョン宿泊体験記!駅近で女性にもおすすめ「ホテルサントラル」

エクスヴァンプロバンスからカシ、マルセイユへ日帰りでバスと電車での行き方

南フランスでおすすめパン屋さん!美味しいクロワッサンが激安の1ユーロ以下!

【写真付き】マルセイユ空港からエクスヴァンプロヴァンスへバスで移動する方法

パリ・シャルルドゴール空港のスターアライアンスicareラウンジの居心地最高!

エクスアンプラヴァンスからモナコ、エズ、ニースへの日帰り観光ツアー