日本国内のフライトでデルタ航空のスカイマイルをためる方法

日本国内を就航している会社は、JAL、ANA、スカイマーク、スターフライヤー、ピーチ、エアドゥ、ソラシドエアなどがあります。

通常は搭乗した航空会社のマイルがたまるのが普通ですが、デルタ航空のスカイマイルでは日本の航空会社で国内線のフライトを利用した場合に、スカイマイルがたまるキャンペーンがあるのです。

搭乗した航空会社のマイルに合わせて二重でマイルがたまるとってもお得なキャンペーンなのです。

スカイマイルとは?

スカイマイルはデルタ航空のマイレージプログラムで、デルタ航空に搭乗するとマイルが積算されます。

スカイマイルを必要マイルためると、スカイマイルを利用してデルタ航空やそれ以外の航空会社の航空券を発券することができます。

スカイマイルの溜め方はいろいろあるのですが、その中でも日本国内で飛行機によくのる人におすすめなのが「ニッポン500マイルキャンペーン」です。

ニッポン500マイルキャンペーンとは?

ニッポン500マイルキャンペーンは次のようなキャンペーンです。(デルタ航空のホームページより)

すべての日本国内線で500ボーナスマイルをご獲得いただけます。対象となるフライトは日本国内定期路線(すべての航空会社。スカイチーム加盟航空会社に限りません)、期間は2019年3月31日までです。

ご旅行期間:2018年4月01日~2019年3月31日
対象となるフライト:日本国内定期路線(すべての航空会社・運賃・クラス)
ボーナスマイル:国内線のご利用1回につき500ボーナスマイル。キャンペーン期間中、一般会員の方は、お一人様最大10フライト分(合計5,000マイル)まで、メダリオン会員の方は、お一人様最大40フライト分(合計20,000マイル)までご獲得いただけます。

このキャンペーンのすごいところは、搭乗した航空会社のマイル(例えばANAとかJAL)も積算される上に、さらにスカイマイルも積算されることです。

なんとマイルの2重取りができるんです!

フライトの距離にかかわらず1回のフライトごとに500マイルもたまります。飛行機で往復すれば1,000マイル。

1年での上限は5,000マイルまで。つまり10回の搭乗分まで加算が可能です。

期間は2019年3月31日までになっていますが毎年更新されています。

私が知る限り10年近く毎年更新されているので、実質無期限と思っていても大丈夫なくらいです。笑

対象となる航空会社

  • JAL
  • ANA
  • スカイマーク、エアドゥ
  • ソラシドエア
  • スターフライヤー
  • フジドリームエアラインズ(FDA)
  • IBEXエアラインズ
  • 北海道エアシステム
  • オリエンタルエアブリッジ
  • 天草エアライン
  • 新中央航空

その他LCCも対象です。

  • ジェットスタージャパン
  • ピーチ
  • バニラエア
  • 春秋航空(スプリングエア)
  • エアアジアジャパン

「ニッポン500マイルキャンペーン」でスカイマイルのためる方法

「ボーナスマイル加算申請フォーム」の用紙に搭乗券や搭乗ゲートで出てくる搭乗半券(搭乗日、搭乗者名、搭乗便、座席番号、区間)が記載されているもののコピーを貼り付けて、必要事項を記入してFAXするだけです。

「ボーナスマイル加算申請フォーム」は、デルタ航空のホームページからダウンロードできます。

搭乗券・搭乗半券が発行される場合は、搭乗者名、搭乗便名、搭乗日、座席番号、区間が明記されていても「ご利用案内書」、「引換証ご利用案内書」、「搭乗案内書」、「搭乗証明書」などは、ボーナスマイルの加算対象外になるので、詳細はデルタ航空「ニッポン500マイルキャンペーン」をご確認ください。

ちなみにANAに搭乗した場合は、これを「ボーナスマイル加算申請フォーム」に貼付してFAXすれば大丈夫です。

加算の申請期間は搭乗日から2か月以内です。

スカイマイルの使用方法

スカイマイルを最もお得に使う方法は、やはり特典航空券に交換することです。

スカイマイルは空席状態により必要マイル数が変動するので、早めに予約すれば少ないマイルでビジネスクラスを予約することも可能です。

私が以前デルタ航空で「関西-ホノルル」の9月の往復のフライト(エコノミークラス)を見ていた時は、2か月前の状態で最安値の日が6万数千マイル、高い日で9万マイルくらいでした。

国内線に10回搭乗したらそれだけで5マイルたまるので、2年もあればハワイの往復航空券に交換できてしまいますね。

往復ではなく片道で特典航空券の発券もできます。

片道はLCCで安くして、帰りはマイルを使ってビジネスクラスで優雅なフライトをするなんてこともありです。

スカイマイルは有効期限がない

「国内線もそんなに乗らないし、特典航空券に交換する前にマイルの有効期限が切れてしまいそう」という人もいると思います。

なんとスカイマイルは有効期限がないんです。

永遠に貯めつづけられる理想のマイル!

なので、国内線の利用が1年に2回くらいだとしても1年に1000マイルずつを6~9年くらいためればハワイ往復できてしまいます。

日本の航空会社のマイルはほとんどが3年の有効期限なのでこういったことはできませんが、スカイマイルなら可能です。

スカイマイルをためていて損はないので、少しの手間をかけるだけで海外旅行も夢ではありませんのでぜひおすすめです!

ホテル予約でキャッシュバックを受ける方法

みなさん、ホテルの予約はどのようにされていますか?

ホテル予約の度に毎回「キャッシュバックを受け取れる」としたら、嬉しいですよね!


「ホテルを少しでも安く、お得に予約したい!」

その思いで、試行錯誤してきた私のおすすめホテルの予約方法をご紹介します!

ホテル予約で毎回キャッシュバックを受ける方法はコチラ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

agodaで予約の変更をした体験談、メールや電話で問い合わせてみた結果

ヨーロッパ鉄道旅行 フランス国鉄(SNCF)・TGVを日本で予約してみました

2018年SFC修行!ANAスーパーフライヤーズカードのメリット、入手方法

海外専用プリペイドカード「マネパカード」が届きました

楽天プレミアムカードでプライオリティパスを年会費無料で手に入れる方法

SPGアメックス自分で紹介して17000ポイント!お得な入会方法のやり方