ヨーロッパ周遊、世界一周におすすめ格安プリペイドSIMカード!threeの利用した感想、通信状況

世界一周旅行で悩みの種なのが、それぞれの地域でのスマホなどのインターネット通信です。

もちろん空港やカフェ、ホテルなどでは無料のWi-Fiも利用できますが、知らない街を歩いたり電車に乗るには、Googleマップや時刻表など、インターネットで調べ物をする必要が必ず出てきます。

今回の世界一周旅行は一人旅なので、いつでもどこでもインターネットが使用できるかできないかでは心強さが全然違います。

ドコモやソフトバンク、auなど日本の携帯電話の会社が提供している「海外パケットし放題のプラン」もありますが、1日で3000円近い料金でとても高い!

それ以外で海外でインターネット接続をする方法としては、海外WiFiをレンタルしてモバイルルーターを持っていったり、現地でプリペイドSIMを買うなどがあります。

今回の世界一周旅行にあたり、それぞれのメリットデメリットから、どれがいいかを考えてみました。

海外でスマホでインターネット接続を利用する方法

①海外WiFiのレンタルルーターを借りる

海外用Wi-Fiルーターとは、旅行先でスマホやパソコンをインターネットに接続するための小型の端末です。

有名な会社でいえば、「グローバルWi-Fi」「イモトのWi-Fi」「フォートラベルグローバルWi-Fi」などがあります。

海外旅行に行く際は、申込をしておけば、羽田空港や成田空港、関西空港などで受け取り帰国時に返却します。

料金は通常、1日当たりの料金が設定されており、アジアでは1日1台あたり500~1000円くらい。ヨーロッパ、アメリカでも500~1500円くらいです。

メリット

  • 日本国内でレンタルと返却ができるので、現地の言葉がわからなくてもすぐに利用できる。
  • パソコン、スマホなど複数の端末から同時にインターネットに接続できる
  • 容量内であれば何人かで利用できるので、割安になる

デメリット

  • 複数国を旅行する場合、それぞれの国のWi-Fiが必要になる
  • 使わない国の場合でも帰国しないと返却できないので、料金がかかる
  • 一人旅だと全額ひとりで負担なので、料金が高くなる
  • Wi-Fiルーターを持ち歩かなければいけない

 

今回の私の旅行の場合、カナダ、ベルギー、スイス、フランス、ポーランド、ドイツで使用する必要があります。

ヨーロッパ周遊用のWi-Fiもあるのですが、カナダに10日間ほど滞在してからヨーロッパに移動します。

ヨーロッパ周遊用の海外Wi-Fiの場合、31日間レンタルしようと思うと海外用Wi-Fiの料金だけで2~3万円になりました。

②現地でsimを購入する

去年タイに行ったときは、到着したチェンマイの空港でプリペイドのsimを購入しました。特にタイはシムカードが安いので、7日間用のSIMカードが1000円以下で購入できました。

メリット

  • 海外用Wi-Fiルーターに比べて料金がかなり安い
  • 容量もWi-Fiルーターよりも多くなるものが多い

デメリット

  • SIMフリーの端末が必要
  • SIMカードを入れたスマホ、タブレットしか利用できない(テザリング機能があるSIMカードであればパソコンも接続可能)
  • それぞれの国ごとにSIMカードが必要になるので現地調達が必要になる

現地のプリペイドSIMの一番のメリットは料金の安さです。30日間の旅行でも2000~3000円で利用できるものもあり、海外用Wi-Fiルーターの10分の1程度の料金ですみます。

私のiPhone6sは、SIMフリーの設定にしているので、プリペイドSIMさえ調達できれば、すぐに使える状態です。あとは、現地に行って各国のSIMを購入して設定できれば問題ありません。

ヨーロッパ周遊におすすめの格安プリペイドSIM

海外用Wi-FiルーターよりプリペイドSIMの方がお得なので、そちらにしようと思い、いろいろ調べている中でヨーロッパの周遊に超おすすめのSIMカードを見つけました。

イギリスの通信キャリアthreeという会社のSIM「Internet with legs」です。

料金は1GB(30日間)で2000円弱、3GB(90日間)で3000円弱、12GB(360日間)で5000円弱と超格安のお値段です。

しかも、イギリス、イタリア、フランス、スペイン、ドイツ、スイス、ベルギーなどヨーロッパ42カ国で利用できます。

1GB/30日タイプ⇒Threeデータ通信プリペイドSIM【イギリス含む42ヶ国対応】【1GB / 30日タイプ】

3GB/90日タイプ⇒Threeデータ通信専用プリペイドSIM【3GBタイプ】【最大90日間有効】

日本でもアマゾンで購入できるので、現地調達の必要がなく、空港到着時からすぐに使えます。

日本にいる間に開通作業の確認ができ、特殊な設定も必要なく簡単に使えるので、機械が苦手な私のような人間には超おすすめなのです。

日本での準備

アマゾンからSIMを購入すると、3~4日で到着しました。日本語の設定方法説明書は、インターネットでダウンロードできるようになっていました。

SIMのサイズは、mini・micro・nanoの3タイプに対応しています。

スマホのSIMを確認して、自分のSIMにあうサイズにSIMカードを切り取ります。

カードに記入されているYour Three number 07*******は現地でユーザ登録する場合は必要になるので、メモしておくか写真を撮っておくようにしましょう。

ユーザー登録は容量の残量を確認する必要がなければ、ユーザー登録の必要も特にありません。

SIMを入れ替えます。

iPhoneの「設定」⇒「モバイルデータ通信」

「モバイルデータ通信のオプション」

モバイルデータ通信ネットワーク

APNに「three.co.uk」
ユーザー名「空欄」
パスワード「空欄」

「戻る」⇒「データローミング」をONにします。

一度、スマホを再起動してインターネットに接続します。日本国内ではテスト通信のみができ、インターネットを接続するとthreeの公式サイトのみアクセスできます。

こんな画面になりました。

国内での準備はこれで完了です。

ヨーロッパ各国で使ってみた通信状況

ベルギー

まず1各国目に入ったベルギーで、さっそくソフトバンクのSIMからThreeのSIMへ入れ替えを行い再起動しました。

そうすると、自動的にベルギーの国内の通信会社BASEというところにつながりました。途中、ORANGE Bにもつながっていました。

ベルギーではブリュッセル、ブルージュ、ゲント、アントワープに滞在しましたが、どこでも問題なく利用できました。とっても簡単です。

オランダ

ベルギーに滞在中に1日だけオランダのアムステルダムへ日帰りツアーに参加しました。

ベルギーからオランダへはバスに乗り陸路で国境越えです。シェンゲ圏なので出入国の審査などはなく、普通に国内旅行するように移動できます。

気付いた時にはKPN NLに変わっていました。

フランス

ベルギーからフランス経由でスイスへ入国した際、空港内で携帯を見るとORANGE Fになっていました。

モナコ

フランス滞在中にモナコにも滞在しました。モナコに入ったところ、通信表示はMONACOに変更となりました。

スイス

スイス国内ではSunriseとSalt、たまにSwisscomのどちらかにつながっていました。スイスはジュネーブ、ツェルマット、ベルン、ローザンヌに滞在しましたが、自動的に変わっていたので、どこの地域でどの通信になっていたかは不明です。

ポーランド

ポーランドのワルシャワ空港に着くとPlusという表示になり、スムーズにつながりました。

ドイツ

ドイツ国内にいるときは、O2-DEとE-Plusの会社の2社の表示につながっていました。通信速度については、どこの国でもまったく問題はありませんでした。

容量残高の確認の方法

滞在中に残り容量がどれだけあるのか気になると思います。今回の旅ではGoogle mapやinstagram、LINEで写真や動画をたくさん送ったりしたので、途中で心配になり残高確認を行いました。

まず、残りの通信容量を確認するには、My3というサービスでユーザー登録をする必要があります。

これは現地でないとできません。

まずこちらの画面で、アカウントを作成します。

届いたSIMカードの裏面に書いてある「Youe Three number」の11桁の番号を入力し「Submit」をクリックします。

そうすると、携帯電話にパスワードがSNSで送られてくるので、そのパスワードを入力し「Continue」をクリックします。

次の画面でパスワードの変更ができるので、自分が覚えやすいパスワードに変更してください。7文字以上です。

下の欄にはもう一度入力したパスワードを再度打ち込み、「continue」をクリックします。

次の画面では、真ん中に小さくある「Edit」をクリックします。そうすると、emailを入力する画面が出てくるので、登録に使いたいメールアドレスを2回打ち込み「Continue」をクリックします。

登録したメールアドレスを確認するとメールが届いているので、その中のリンクをクリックります。

そして出てきた画面の「Log in to My3」をクリック。

「Welcome to My3」の画面にこのSIMカードで割り振られている電話番号と先ほど作成したパスワードを入力しログインします。

ログインした画面の真ん中のほうに「Data allowance」とう項目があるのでそれをクリック

その中の「Remaining」に書かれている数字が通信容量残高です。私の場合2174メガバイトです。

3Gのプランで申し込んでいるので3分の1使ったことになります。約8日間での使用容量です。

InstagramやLINEに写真や動画をアップしまくっていたので、心配でしたがこの分だと残りの14日間で2Gあるので大丈夫そうです。

1週間の旅行であれば、1Gプランで十分の容量です。

ThreeのSIMカードはヨーロッパ各国を旅行する際、あらゆる国で利用できとても便利です。また、料金も格段に安く、お得に使えますのでヨーロッパ旅行には非常におすすめのSIMカードです!

1GB/30日タイプ⇒Threeデータ通信プリペイドSIM【イギリス含む42ヶ国対応】【1GB / 30日タイプ】

3GB/90日タイプ⇒Threeデータ通信専用プリペイドSIM【3GBタイプ】【最大90日間有効】

ホテル予約でキャッシュバックを受ける方法

みなさん、ホテルの予約はどのようにされていますか?

ホテル予約の度に毎回「キャッシュバックを受け取れる」としたら、嬉しいですよね!


「ホテルを少しでも安く、お得に予約したい!」

その思いで、試行錯誤してきた私のおすすめホテルの予約方法をご紹介します!

ホテル予約で毎回キャッシュバックを受ける方法はコチラ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018年SFC修行!ANAスーパーフライヤーズカードのメリット、入手方法

ヨーロッパ鉄道旅行 フランス国鉄(SNCF)・TGVを日本で予約してみました

ホテル予約で毎回キャッシュバック!お得にホテル予約をする方法

SPGアメックス自分で紹介して17000ポイント!お得な入会方法のやり方

ヨーロッパの格安航空会社easy jetの予約方法と予約の際の注意点

SPGアメックスのメリット・デメリット!紹介者なしでお得に入会する方法