ローマ法王の故郷ヴァドヴィッツェ(Wadowice)でクレムフカを食べてきた!

ポーランドに来るまで、ポーランドのことを全然知らない状態だった私。

クラクフではこちらに住んでいる知り合いの方と合流する予定だったので、会ったときにおすすめグルメなどを教えてもらおうと完全に他力本願でおりました。

その方の旦那様はポーランド人だし私が調べるより、その国の方に聞いた方がきっと現地のおすすめ情報を教えてもらえるはずだろう…と思って。笑

知り合いの方が住んでいるのはクラクフから車で1時間半ほど行ったところなので、クラクフとはまた違ったポーランドの街を案内していただきました。

その中でも、ローマ法王の故郷であるヴァドヴィッツェ(Wadowice) で食べたケーキがとても美味しかったので紹介します。

ローマ法王の故郷であるヴァドヴィッツェ

ヴァドヴィッツ(Wadowice)は前々ローマ法王であるヨハネパウロ2世の故郷で、ヨハネパウロ2世の生家がある場所なので、多くのキリスト教信者の方も訪れる街の一つです。

クラクフからは車で1時間以上かかるので、なかなか日本の観光客が訪れるということは少ない街だと思います。

クラクフからヴァドヴィッツェまでの道のりは、ところどころ街を通り抜けながらのんびりした風景を走っていきます。

ただ、ポーランド内外からは観光客や日曜日には教会へとたくさんの人が訪れる街なので、街の中心部は賑わっておりお土産屋さんもたくさんありました。

お土産の中心は法王と天使をイメージしたものが多かったです。

街の中心部の広場には教会が位置しており、大きくヨハネパウロ2世の肖像が飾られていました。

教会内は無料で誰でも入ることができます。広場の周りはお花が植えられていてとても綺麗な街並みでした。

もちろんクラクフほど大きな町ではありませんが、広場の周りにはかわいらしい建物が並んでいてポーランドらしさを感じられます。

ローマ法王の好きだったケーキ「クレムフカ」

ヴァドヴィッツェ(Wadowice)に来たらぜひとも食べるべきおすすめスイーツがクレムフカといケーキです。

ヴァドヴィッツェでもポーランドではクレムフカを食べることができるのですが、ヴァドヴィッツェはクレムフカが有名な街なのです。

というのも、前々ローマ法王であるヨハネパウロ2世が好きだったケーキがクレムフカだから。笑

ヨハネパウロ2世が、オフィシャルの場で「学生時代に試験が終わったときは、友人とクレムフカを食べに行ったもんだ」というようなことをポロッと話したことから大フィーバーしたケーキです。

それ以来、ヴァドヴィッツェでは街中のいたるケーキ屋さんでクレムフカを販売するようになりました。

本当に街中を歩いているとクレムフカの看板がいたるところに出ています。この街に来たからにはやっぱりクレムフカを食べないわけにはいきません!

ポーランドのお住いの方に、クレムフカを食べにこちらのお店に連れて行っていただきました。

地下に降りていくとカフェになっていてケーキが3種類(もちろんクレムフカも!)とアイスクリームが販売されていました。

クレムフカは4個買うと1個おまけがつくサービスぶりです!多くのお店でこのサービスがあるようでした。

クレムフカはパイ生地の間にバニラクリームがはさまったケーキで、ミルフィーユの間のパイがないバージョン(上と底にしかパイがありません)です。

パイ生地の間のクリームが軽くってフワッフワなんです!口に入れると溶けていく感じ。

クリームも甘すぎることもなく日本人でも全然食べやすい!一瞬にして食べ終わってしまいました。

カプチーノと一緒に食べると至福のひと時です。

店内には飾りのアイテムなども販売されているお店でした。こちらの天使の形をした飾り物がたくさんありました。

クレムフカはポーランドを代表するケーキかもしれない

Wadowiceの街の近くのスーパーに入っているパン屋さんやケーキ屋さんでは、クレムフカがかならず売られているほどの定番ケーキです。

でも本当に美味しくて日本でも買えると嬉しいのに・・・と本当に思える味でした。

日本のミルフィーユよりカスタードクリーム感が強くなく、どちらかというと生クリーム、バニラ風味が強く感じられるクリームです。

パイ生地は上と下だけなので、ほぼクリームなので口当たりが軽いので食べやすい。

生クリームが好きな私にはこれだけたっぷりのクリームがサンドされているので、とっても幸せなケーキなのです。思い出しただけでもよだれが出そうになる美味しさでした。

ポーランドに来たら、ぜひ食べていただきたい本当におすすめのケーキです!

ポーランドはワルシャワやクラクフ以外にも素敵な街がたくさんあります。

ガイドブックなどでも情報が少ないため、なかなか個人では行かない人も多いかもしれませんが、小さな町こそポーランドらしさを感じられるとも言えます。

ただ、ヴァドヴィッツェへは個人で行くのは少し大変な地域ではあるので、クラクフ発のオプショナルツアーなどを探してみると個人旅行でも効率よくいろいろな街を巡ることができておすすめです!

ホテル予約でキャッシュバックを受ける方法

みなさん、ホテルの予約はどのようにされていますか?

ホテル予約の度に毎回「キャッシュバックを受け取れる」としたら、嬉しいですよね!


「ホテルを少しでも安く、お得に予約したい!」

その思いで、試行錯誤してきた私のおすすめホテルの予約方法をご紹介します!

ホテル予約で毎回キャッシュバックを受ける方法はコチラ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

プライオリティパスで利用できるワルシャワショパン空港のPreludiumラウンジ...

クラクフ世界遺産の旧市街など名所を1日で回るおすすめコース!ヴァヴェル城観光がポ...

昔ながらの建物が残るノスタルジックな街「ランツコロナ」でポーランドの郷土料理ラン...

ワルシャワ空港から市内へ移動!電車を乗り換えEIP1等車でクラクフへ

女性一人旅行記!クラクフで宿泊した駅から近く観光におすすめホテル2選!

ワルシャワおすすめホテル2選!近代的な高層ノボテルとヨーロッパらしいポロニアパレ...