瑠璃光院の混雑は?待ち時間なしで秋の特別拝観に行ってきました!

瑠璃光院はSNSをきっかけに爆発的な人気になった京都八瀬の観光スポットです。

通常は非公開ですが、春と秋の2回特別拝観で公開されて、一般でも入ることができます。

特に秋は紅葉が美しく、窓いっぱいに広がる紅葉と書院2階の机の天板に庭の紅葉が映り込む光景は息をのむ美しさです♪

瑠璃光院 混雑は?

SNSを中心に人気が広がり、その鏡のように映る紅葉を見ようと毎年多くの人が訪れ、ここ最近は最大4時間待ちにもなる人気スポットになっていました。

京都比叡山の麓に位置し、それほど便利な場所でもないにも関わらず、その混雑ぶりはすごかったんです!

ところが2020年の今年はコロナウイルスの感染予防のため、瑠璃光院の特別拝観が事前予約制になり、長時間の待ち時間なく拝観できることになったのです。

このチャンスを逃すまいとさっそく行ってきました!

瑠璃光院 予約

瑠璃光院の予約は公式ホームページから行います。

  • 拝観期間:10月1日~12月20日
  • 拝観時間:10時~17時(閉門)
  • 拝観料:2000円

15分区切りで予約の枠が設けられており、空いている時間を選びます。

入力画面に名前、電話番号、メールアドレスを入力し予約します。

記載したメールアドレスに「予約番号」が届くのでこれで予約完了です。

瑠璃光院 アクセス

最寄り駅は叡山電車「八瀬比叡山口駅」から約5分。八瀬駅の目の前にある高野川を渡って5分も歩かないくらいで到着です。

自然の中にひっそりたたずんでいるのが「瑠璃光院」です。

瑠璃光院 駐車場

瑠璃光院に駐車場はありません。車で行かれる方は京阪の出町柳駅の京都市出町駐車場に車を止め、叡山電鉄で向かうようにしましょう。

瑠璃光院 秋の特別拝観

受付で名前を確認し、体温チェックを受けて中へと入ります。

入って2階に上がるとさっそく例の机の置いてあるお部屋です。

モミジ?カエデ?の赤い色と黄色く色づいた葉っぱなど窓の外には紅葉した樹々!そしてその色鮮やかな色が机の天板に写って本当に美しい光景です。

皆さん机のところにカメラを置いて必死に撮影大会です。笑

見る角度を変えると違う窓から、また違った色合いが見え、飽きることなく見続けていられそうです。

ずっと見ていたい気持ちはあるものの、混雑してしまうので、ある程度写真を撮ったら下の階へ。順路に従って進み「八瀬のかまぶろ」を見学します。

その後、ふたたび1階のお部屋からまたお庭の紅葉を眺められます。

例年は庭園を見ながら抹茶といただけるようなのですが、今年はコロナの関係もあり、お抹茶の提供は中止となっていました。

瑠璃光院 御朱印

ご本尊である阿弥陀如来像を祀る本堂の片隅に御朱印が置いてあり、日にちのみを自分で書き入れる形式になっていました。

御朱印をいただきたいと考えている人は見逃さないようにご注意ください。

瑠璃光院 所要時間

内部の拝観にかかる所要時間は写経をするか、抹茶を飲むか(サービスがあれば)などにもよりますが30分程度あれば見学できます。

私は写経もせず、抹茶も飲まず(サービスが中止だったので)で、1階の畳のお部屋でゆっくりしたのもあり、40分くらいでした。

さっと見るだけなら所要時間20分くらいでも大丈夫ですが、2000円の拝観料を考えるとじっくり見ておきたいですね。

2020年はコロナウイルスの影響で予約制となり、待ち時間なく混雑を避けて拝観することができて、ある意味ラッキーでした!

来年以降もこのシステムを導入してもらえると、ありがたいですね(*´ω`)

永観堂へ

せっかく紅葉の時期に京都に来たので、紅葉の名所として知られる永観堂にも足をのばしました。

昔から「秋はもみじの永観堂」と言われるほどの紅葉の名所♪

こちらは瑠璃光院とは比べ物にならないくらいの混雑ぶりでした( ゚Д゚)

でもはやり紅葉の名所だけあって、素晴らしい景観でした~。さすが京都大満足の紅葉狩りができました。

ホテル予約でキャッシュバックを受ける方法

みなさん、ホテルの予約はどのようにされていますか?

ホテル予約の度に毎回「キャッシュバックを受け取れる」としたら、嬉しいですよね!


「ホテルを少しでも安く、お得に予約したい!」

その思いで、試行錯誤してきた私のおすすめホテルの予約方法をご紹介します!

ホテル予約で毎回キャッシュバックを受ける方法はコチラ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アメックス京都特別観光ラウンジでお茶と圓徳院を無料拝観してきました

京都の老舗和菓子屋さん「嘯月」の和菓子を予約して購入

京都おすすめランチ!龍安寺の西源院で湯豆腐ランチ―風情ある庭園を眺めながら

京都の名所「仁和寺の御室桜」を見てきました!

京都の歴史を感じられる「塩芳軒」の上生菓子と代表銘菓「聚楽」

京都・抹茶館「抹茶ティラミス」の待ち時間は?行列を回避する方法