バンクーバーでコンパスカード一日券を利用してSea Busでノースバンクーバーへの行き方

バンクーバーの交通手段はスカイトレイン、バス、シーバスの3つが主な移動手段になります。

ダウンタウン内であれば、バスでほぼ問題ありません。

少し足を延ばしてリッチモンドに行くならスカイトレイン、ノースバンクーバーに行くならシーバスを利用することになります。

バンクーバーアイランドというだけあって海に囲まれた街なので、ノースバンクーバーの人たちにとってシーバス(船)は通勤手段なんですよね。

せっかくなので、日本人の私たちにとってあまり馴染みのないSesBusに乗ってノースバンクーバーに行ってみることにしました!

その日はトロンロへのフライトの日だったので夕方には空港へ移動しなければいけません。

空港への移動はスカイトレインで4ドルです。コンパスカード(日本のSuicaやICOCAのようなもの)の1日乗り放題券が9.75ドルだったので、コンパスカードの1日券を買って、バス、スカイトレイン自由に移動してきました。

コンパスカード(Compass Card)1日乗車券の買い方

スカイトレインの駅に行くと切符の券売機があるので、それでコンパスカードも購入できます。

シーバスの乗り場であるウォーターフロント駅(Waterfront Station)で購入しました。

こちらが切符の券売機です。どこの駅にもあります。

画面の右上「Buy Single Ticket」をタッチします。

左の水色は大人料金、右のオレンジは子供料金です。

左側(大人料金)の一番下「Day pass $9.75」をタッチします。

支払いの画面になります。コンパスカードは現金、デビットカード、クレジットカードで購入できます。

現金で購入する場合は、画面は何も押さずにそのまま現金を投入します。クレジットカードで支払う場合は、右の上から2番目の「Credit Card」をタッチします。

現金の場合右上からコイン、右真ん中「Bills」から紙幣を入れます。

クレジットカードやデビットカードは、左真ん中「Devit」「Credit」からカードを挿入します。クレジットカードはVISAかMaster Cardのみでアメックスは使えません。

支払いが終わるとコンパスカードとレシートが出てきて購入完了です。

Sea Busの乗り方ーダウンタウンからノースバンクーバーへー

シーバスの乗り場は、スカイトレインと同じ改札から入ります。

改札機にある機械の青い部分にコンパスカードをタッチするとゲートが開きます。

改札に入ったら掲示板にSeaBusの案内があるのでそれに従って、まっすぐ進みます。

どんどんまっすぐ進みます。途中、ギターで音楽を奏でている人がいました。

人の流れに乗ってまっすぐ行き、エスカレーターを降りると左右にゲートがでてきます。

乗り場は右と左にあり、次発が来るほうに入ります。人の流れでどちらかわかりますし、係の人もいます。

シーバスは15分に1本の間隔で運行しているので(早朝などは30分に1本)、それほど待つことなくやってきます。

SeaBusが到着しお客さんが全員降りたら乗車の扉が開きます。

シーバス内はとても広く席もたくさんあるので、余裕で座ることができます。船の進んでいくのを見たかったら、ぜひ一番前の席を確保しましょう。

ノースバンクーバーへは20分程度で到着です。

ノースバンクーバー駅にはスターバックスやマーケットがあってにぎやかな雰囲気です。また、ノースバンクーバーの駅からバスに乗って、キャピラノ吊り橋に行くこともできます。

ノースバンクーバーは洗練された住宅街

ノースバンクーバーの駅からは登り坂になっていて、一帯は住宅街が続いています。

ダウンタウンと違って落ちついた閑静な雰囲気。マンションや一軒家のお家などいろいろありますが、どれもかわいらしくておしゃれ!

バンクーバーの人混みや喧噪さに疲れたら、ちょっと一休みするのに来てもよさそうです。

ノースバンクーバーから見たダウンタウン方面。この日はお天気がいまいちでしたが、晴れた日ならとても素敵な景色が見れると思います。

お手軽に乗船体験をするならコンパスカードの一日券を買ってSeeBusでノースバンクーバーまでの船旅をしてみてはどうでしょうか。

夜のSea Basからはダウンタウンの夜景もきれいに見えるので、ちょっと違ったバンクーバー体験ができるかもしれません。

キツラノビーチへはダウンタウンからバスを利用

そのあと、空港まで時間があったのでコンパスカードの一日乗車券を使って、バスでキツラノビーチへGo!

乗り放題だと気にせずいくらでも乗り降りできるので、効率的に観光することができます。

キツラノビーチヘは、ウォーターフロント駅から近い Stから002番McDonald行き(地名です)のバスに乗っていくことができます。

キツラノも静かで落ち着いたちょっと小洒落た地域です。駐車してある車もちょっと違う!

この辺りは健康志向の人が多くオーガニックのお店が多い地域だそうです。

ビーチ周辺の公園では子供たちが楽しそうに遊んでました。バンクーバーのビーチからはアルプスのような山々(ロッキー?)が見えて、これが大自然を感じられました。

これ景色こそカナダらしい日本では見られない光景です。

キツラノからダウンタウンに帰るときは、002番(Downtown行き)のバスで戻ることができます。乗車時間も10分くらいでバスも頻繁に来るので、少し時間があれば簡単に行って帰ってくることができます。

ダウンタウン以外に足を延ばす日はコンパスカード1日券を買って、まとめてまわるとお得に観光することができるのでおすすめです!

ホテル予約でキャッシュバックを受ける方法

みなさん、ホテルの予約はどのようにされていますか?

ホテル予約の度に毎回「キャッシュバックを受け取れる」としたら、嬉しいですよね!


「ホテルを少しでも安く、お得に予約したい!」

その思いで、試行錯誤してきた私のおすすめホテルの予約方法をご紹介します!

ホテル予約で毎回キャッシュバックを受ける方法はコチラ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カナダのカフェといえばTim Hortons!コーヒーとドーナツのひととき

観光におすすめホテル!ラマダ リミテッド バンクーバーはアクセスがとっても便利

バンクーバーで旅行者とは違う生活者としての楽しみ方

ビクトリアの大人気カフェBlue Fox Cafe(ブルーフォックスカフェ)でモ...

バンクーバー国際空港のメープルリーフラウンジでシャワーを使ってみた感想

バンクーバーの1週間短期留学生活を送っています