名古屋駅からセントレア空港まで名鉄空港特急「ミュースカイ」に乗ってみた

大阪に住んでいるので、中部国際空港セントレアを利用することなんてめったにありません。

今回、名古屋からのフライトすることになったので、とってもワクワク!

名古屋駅からセントレアまで公共交通機関で向かう場合は、路線バス、名古屋鉄道(名鉄)などを利用することになります。

せっかくセントレアに行くので、「ミュースカイ」に乗ってみました!

ミュースカイの運賃

通常、名鉄で名古屋駅からセントレア空港まで行くは停車駅が7駅あり、48分(870円)かかるのですが、「ミュースカイ」は停車駅が「金山」「神宮前」の2駅のみで28分で行くことができます。

「ミュースカイ」に乗車するには特急利用料金(ミューチケット)が別途必要となりますが、料金は360円と格安です。

関西空港に行く際には、南海電鉄が運行している特急「ラピート」があり、特急料金510円かかるので「ミュースカイ」はそれよりお安い。時間も少し短いけど。

ミュースカイは、自由席はなく全席指定席です。

座席指定のないミューチケット、1日乗車券による特別車利用は空席を使うことになりますが、その座席を指定している人がいる場合は譲ることになります。

ミュースカイの乗り方

名古屋駅で名鉄の乗り場に行くと、切符売り場があります。有人の切符売り場と券売機どちらでもミュースカイの切符を購入することができます。

時間があったので有人の切符売り場で購入しました。

ミュースカイの運賃および特急料金の支払いにクレジットカードは使えません。(2018年2月現在)

窓口で特急券だけ購入して、乗車券は改札機でSUIKAやicocaなどのIC乗車券を利用することは可能です。

ちなみに特急券は車内でも買えるので、発車までの時間がなく急いでいる場合はとりあえず乗ってしまいましょう。車内で買っても特急券は360円です。

特急券はこんな感じの紙のチケット。

ミュースカイの座席

ミュースカイは2列×2列の4列シートです。

平日の朝8時前でしたが、窓側は空いておらず通路側の席になりました。

車内に入ってすぐのところにスーツケース置き場があるので、大きな荷物がある人も安心ですね。

スーツケース置き場は左右両側にあったので、十分のスペースがあります。

座席はこんな感じです。

足元もゆったりしているので、女性なら自分の席にスーツケースを持ってきても置くことができます。

テーブルと、読み物の雑誌が置いてあります。

座席のテーブルの上には、チケットホルダーがあります。多くの人がここにチケットをちゃんと入れていたことにちょっとビックリしました。

途中で駅員さんがこのチケットの検札にやってきます。

チケットホルダーにチケットを入れておけば、寝ていても仕事に集中していても駅員さんが勝手に検札してくれるので、これはなかなか便利です。

なので、皆さんチケットホルダーにチケットを入れていたんですねー。

ミュースカイはWi-Fiもあります。初めて接続する際は、メールアドレスの登録が必要ですが無料で利用できるのもいいですね。

ミュースカイのトイレ

ミュースカイは4両編成で、2号車と3号車の間にトイレがあります。

神宮前駅で前の2席が空いたので、そちらに移動しました。

おかげで2人掛け席を1人で利用でき、のんびりセントレア空港までの車窓を楽しむことができました。

名古屋駅から28分なのであっという間に中部国際空港に到着です。

特急券は紙の切符なので改札機に通さず、改札機前にある回収ボックスに入れるようにしましょう。

私は回収ボックスに入れ忘れたので、記念に持って帰ってきました。

たった360円で快適にセントレア空港まで行けるのミュースカイは乗ってよかったです。特急料金の中でも安い方だと思うので、コスパ的にもおすすめです!

ホテル予約でキャッシュバックを受ける方法

みなさん、ホテルの予約はどのようにされていますか?

ホテル予約の度に毎回「キャッシュバックを受け取れる」としたら、嬉しいですよね!


「ホテルを少しでも安く、お得に予約したい!」

その思いで、試行錯誤してきた私のおすすめホテルの予約方法をご紹介します!

ホテル予約で毎回キャッシュバックを受ける方法はコチラ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

堺の老舗銘菓と言えばコレ!「かん袋のくるみ餅」と「本家小嶋屋のけし餅」

天ぷら「大吉」!深夜0時オープンの人気天ぷら屋さんに行ってきた!

名古屋の格安ホテル「名古屋伏見モンブランホテル」無料朝食付きで宿泊!

ホテルモントレ札幌とエーデルホフの違いは?宿泊してみた口コミ感想

世界文化遺産候補!仁徳天皇陵・百舌鳥古墳群を歩いて回ってみた!行き方やアクセス

あまみ温泉「南天苑」で日帰り入浴&ランチ!旅館は辰野金吾さんの重要文化財の建築物