海外専用プリペイドカード「マネパカード」が届きました

もうすぐ世界一周旅行(太平洋と大西洋横断)に行きます。

旅する国は、カナダ、ベルギー、スイス、フランス、ポーランドです。これまでの海外旅行では1つの国に滞在することが多く、せいぜいヨーロッパの数か国を旅行する場合でもユーロがあれば問題ありませんでした。

しかし、今回の旅行では5つの国を移動し、旅行中に必要な外貨は、カナダドル、ユーロ、スイスフランです。

3つの通貨が必要になります。

クレジットカードは持っていくけれど、必ず現金も必要になるだろうし・・・と思って国際キャッシュカードなどいろいろ調べていた時に見つけたのが、海外専用プリペイドカードです。

海外専用クレジットカードの中で今回の私の旅に一番よさそうだったのが、「マネパカード」。マネパカードの申し込みは簡単にできましたので、まとめておきます。

海外専用プリペイドカードとは?

海外専用プリペイドカードは、事前お金をチャージして利用するカードです。プリ(前、事前)ペイド(支払い)なので、事前にお金を支払います。

そして使い方は2つの方法があります。

①クレジットカードとして利用する

海外でクレジットカードとしてVISAやMasterCardの加盟店で支払いをすることができます。ただし、一括払いしかできません。

クレジットカードと大きく違う点は、あらかじめチャージした金額しか利用できないことです。

②ATMでキャッシングをする

海外専用プリペイドカードはキャッシングもできます。国際キャッシュカードやクレジットカードでのキャッシングと同じように海外のATMで現地通貨を
引き出せます。

海外専用プリペイドカードのメリット

クレジットカードでも同じことができるんじゃないの?と思うかもしれませんが、海外専用プリペイドカードには、クレジットカード違ったメリットがあります。

  • チャージ式なので使いすぎの心配がない
  • 年会費・入会金が無料
  • クレジットカードのように与信審査がなく学生や年金受給者でも作れる
  • 海外ATMでのキャッシングにも利息がかからない
  • クレジットカードより為替手数料が安いカードがある(←私が調べた限りマネパカードがダントツに安い)

長期旅行で現金をたくさん持ち歩くのはこわいですが、海外専用プリペイドカードならチャージしてある分しか使えないので、紛失や盗難した場合でも被害を最小限に抑えることができます。

海外留学している学生さんは長期に渡り海外生活するのに現金はあまり持たずに海外専用プリペイドカードを利用しているのだそうです。

海外専用プリペイドカードなら残金が少なくなった時に、日本にいる親御さんが入金できるので海外送金するより簡単でとても便利ですよね。

海外専用プリペイドカードの詳しい内容や各種カードの比較は、こちらの記事を見てみてくださいね。

世界一周旅行をするにあたり、現地でのお金をどうしようか悩んでいました。 クレジットカードも持って行くつもりですが、クレジットカードを使えな...

マネパカードの申し込み方法

申し込みページはこちら⇒「マネパカード」

マネパカードの申込には本人確認書類とマイナンバーの提出が必要です。

マネパカードの申し込みに準備するもの

①個人番号カードを持っている人

  • 個人番号カードの画像(「*.jpg」か「*.png」か「*.bmp」のデータ形式)
    データをアップロードするだけです。

②マイナンバー通知カード、マイナンバー付住民票どちらかを持っている人

  • マイナンバー通知カードもしくはマイナンバー付住民票の画像
  • 運転免許証、保険証、パスポートなど
    上記二つのデータ(「*.jpg」か「*.png」か「*.bmp」のデータ形式)

免許証、保険証(カードタイプ)の場合は裏面のデータ、パスポートの場合は所持人記入欄のデータもいります。

私は、個人番号カードはまだ申請しておらず手元にないので、マイナンバー通知カードのデータと免許証のデータを提出しました。

それぞれをスマホで写真を撮って、アップデートすれば完了です。

データでの提出方法がよくわからないという人は、FAXた郵送でも手続きできます。(後ほど紹介します。)

必要なものが準備できたら、こちらからマネパカードのホームページに移行します。

必須項目を記入していきます。

記入が必要なのは次の項目です。太字は必須項目です。
氏名(漢字、カナ、半角英字・大文字)
・性別
・国籍(任意)
生年月日
・保護者氏名(未成年のみ必須)
住所
電話番号
メールアドレス
職業
ATMで引き出す際の暗証番号(半角数字4桁)
・利用目的(観光、ビジネス、留学、仕入れ、その他)(任意)
・外国PEPsとの関係(外国の国家元首や政府長官などだった人やその家族)←ほとんどの人が「該当しない」だと思います。
・口座開設申込に関する同意事項

必須項目がすべて記入できると、一番下のボタンが「未入力の必須項目があります」から「入力内容の確認」というオレンジのボタンになります。

記入が未完成の状態

記入が完了した状態。オレンジのボタンを押します。

続いて、「マイナンバー」「本人確認書類」の提出になります。

準備しておいたデータを手順に沿ってアップしていきます。すべてのファイルを選択できたら「アップロード」というオレンジのボタンをクリックして完了です。

手続きが終わると登録したメールアドレスに「マイナンバー登録完了のお知らせ」がきます。

私は日曜日にマイナンバーの登録をしたので、「マイナンバー登録完了のお知らせ」のメールは月曜日に届いていました。

マイナンバーと本人確認書類をFAXもしくは郵送で手配する場合

住所やメールアドレスの必要項目の記入が終わり申し込みをした時点で、マネパカードか「[Manepa Card]お申込み受付のお知らせ」というメールがきます。

そのメールに、マイナンバーおよび本人確認書類の提出方法が記載されており、アップロードする場合、メールで提出する場合、FAXで提出する場合、郵送で提出する場合の方法が記載されていますので、それに従ってやれば問題ありません。

口座開設完了しカードが到着

口座開設が完了すると、まず「口座番号」「パスワード」「専用振込口座」が記載された書類が届きます。

その後、1週間後に別便でカードが届きました。

「マネパカード」はコチラから

ホテル予約でキャッシュバックを受ける方法

みなさん、ホテルの予約はどのようにされていますか?

ホテル予約の度に毎回「キャッシュバックを受け取れる」としたら、嬉しいですよね!


「ホテルを少しでも安く、お得に予約したい!」

その思いで、試行錯誤してきた私のおすすめホテルの予約方法をご紹介します!

ホテル予約で毎回キャッシュバックを受ける方法はコチラ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

伊丹空港へバス+羽田空港から京急利用のお得なチケット「羽田京急きっぷ」

世界一周!複数国周遊旅行におすすめな海外専用プリペイドカードを比較

楽天プレミアムカードでプライオリティパスを年会費無料で手に入れる方法

ホテル予約で毎回キャッシュバック!お得にホテル予約をする方法

ヨーロッパ鉄道旅行 フランス国鉄(SNCF)・TGVを日本で予約してみました

ヨーロッパ周遊、世界一周におすすめ格安プリペイドSIMカード!threeの利用し...