世界一周!複数国周遊旅行におすすめな海外専用プリペイドカードを比較

世界一周旅行をするにあたり、現地でのお金をどうしようか悩んでいました。

クレジットカードも持って行くつもりですが、クレジットカードを使えないお店やチップなどやはり現金は必要です。

1カ国だけの旅行であれば空港や街中で両替すればいいのですが、複数の国を旅行する場合、煩わしいのが両替です。その国に入国する度に両替となると、手間も数倍になりますし、たくさんの現金が増えてきて大変だなぁと思っていました。

クレジットカードもスキミングの心配や盗難・紛失の心配があります。国際キャッシュカードを作った方がいいのかなぁと調べていたときに海外専用プリペイドカードと見つけました。

海外専用プリペイドカードについていろいろ調べたので、ここでまとめておきたいと思います。

海外専用プリペイドカードとは?

海外専用プリペイドカード は、事前にお金をチャージをして利用するカードです。その使い方は2つの方法があります。

①クレジットカードとして利用する

海外でクレジットカードとしてVISAやMasterCardの加盟店で決済することができます。支払い時は、クレジットカードと同じようにカードを渡すだけでOKです。支払い方法を聞かれた場合は、「一括払い」と伝えましょう。

②ATMでキャッシングをする

国際キャッシュカードやクレジットカードでのキャッシングと同じよう現地のATMで現地通貨を引き出すこともできます。

旅行中に現地で現金が必要になったときでも、海外プリペイドカードがあれば、いつでもお金をおろすことができるので、安心して旅行を楽し見たい人にはとてもおすすめです。

クレジットカードとして使う場合もキャッシングをする場合も事前にチャージしている以上の金額の利用はできません。そのため、クレジットカードのようにショッピングで使いすぎることもありませんし、盗難や紛失でも被害を最小限に抑えることができます。

海外プリペイドカードのメリット(クレジットカードとの違いも含めて)

「海外専用プリペイドカード」について、まだピンとこない人もいると思います。

「海外専用プリペイドカード」のメリットをクレジットカードとの違いを比較しながら紹介します。

①チャージ式の先払いなので使いすぎの心配がない

海外専用プリペイドは、国際ブランドのVisaかMasterCardの機能がついています。プリペイド(事前に支払い)した金額の範囲内で、Visa/MasterCard加盟店でショッピングや現地通貨の引出しができます。

クレジットカードは、後払いです。口座に現金が入っていなくても「信用(クレジット)」でショッピングやキャッシングができます。

②クレジットカードのように与信審査がない

海外専用プリペイドカードは、クレジットカードのように信用審査がありません。18歳以下の学生のお子さんや年金受給者の方でも作ることができます。カードによって16歳以上や13歳以上などの年齢制限があるものがあります。

③年会費・入会金が無料のところがほとんど

ほとんどの海外専用プリペイドカードは、クレジットのカードのように年会費がかからないので、使用しなくても費用負担がありません。

④海外ATMを利用してもクレジットカード(キャッシング)のように利息がない

クレジットカードを使っても海外ATMで現地通貨を引き出す(キャッシング)ことは可能です。ただし、これは借金をしていることと同じなので、利息がつきます。

海外専用プリペイドカードは、あらかじめカードにチャージしたお金を使うのでキャッシングとは違い利息は発生しません。

⑤クレジットカードより為替手数料が安いカードもある

クレジットカードで海外ショッピング、海外キャッシングした場合、為替手数料は約1.6%程度です。

海外専用プリペイドカードは、4.0%と高いカードが多いのですが、唯一マネパカードが為替手数料が0.8%とダントツに低いので、このカードを使うと非常にお得に両替ができます。

国際キャッシュカードで外貨をキャッシングする場合でも為替手数料は3~4%程度かかります。

海外専用プリペイドカード 比較

人気の海外専用プリペイドカード4社について、年齢制限や為替手数料、ATM利用手数料などを比較してい見ました。

キャッシュパスポート マネパカード NEO MONEY Money T Gloval
ブランド MasterCard MasterCard VISA VISA
発行会社 アクセスプリペイドジャパン株式会社 株式会社マネーパートナーズ 株式会社クレディゾン 株式会社ジェイティービー
発行対象年齢 年齢制限なし 16歳以上70歳未満 13歳以上
カード発行日数 約1週間 約1週間から10日 約3営業日後に発送 約1週間
年会費 1年間に1度も取引がない場合13ヶ月目から150円/月 無料 無料 無料
海外送金手段として使えるか あらかじめ委任手続きをしていれば日本にいる家族がカードの口座へチャージできる(海外留学中の子供への送金に使える) カード名義人以外の口座振り込みチャージはできない あらかじめ委任手続きをしていれば日本にいる家族がカードの口座へチャージできる(海外留学中の子供への送金に使える) あらかじめ委任手続きをしていれば日本にいる家族がカードの口座へチャージできる(海外留学中の子供への送金に使える)
入金手数料 1% 無料 無料 無料
為替手数料 4% 0.8% 4% 4%
ATM引き出し手数料 200円/回 米ドル(2米ドル/回)ユーロ(1.75ユーロ/回)英ポンド(1.5英ポンド/回)豪ドル(2.5豪ドル)香港ドル(20香港ドル/回) 200円/回 200円/回
チャージできる通貨 9通貨(日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、ニュージーランドドル、カナダドル、シンガポールドル、香港ドル) 5通貨(米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドル) 日本円のみ 日本円のみ
払い戻し手数料 500円/回 500円/回 500円/回 500円/回
カード再発行手数料  - 1,000円 無料 500円
その他 Tポイントが貯まる、スペアカードの配布あり 日本でもクレジットカードとしては使える、5通貨の国では現地通貨に事前に両替しておく必要あり 登録国の治安・自然災害・伝染病の危険情報配信あり

 

海外専用プリペイドカードのデメリット

事前にチャージをしてカードに残高がないと、お店でのカード払いやATMの引き出しはできませんので、残高を把握しておく必要があります。

銀行の口座から海外専用プリペイドカードに入金する際には、銀行によって振込手数料がかかるので、まとめて一回で入金するなどの工夫も必要です。

その他、クレジットカードについている国内旅行・海外旅行傷害保険は海外専用プリペイドカードにはついていないといったことや分割払い・リボ払いはできず一括払いのみです。

デメリットと私の場合の対処法・解決策を考えてみました。

入金時に銀行の振込手数料がかかる

⇒新生銀行では月に3回まで振込手数料が無料なので問題なし

クレジットカードのように分割払い・リボ払いができない

⇒クレジットカードでも分割払い・リボ払いはせず、一括払いなので問題なし

国内のATMは利用できない

⇒国内で利用するつもりはないので問題なし。マネパカードは国内ではクレジットとしては使用可能。

カード残高から銀行に払い戻しの際に手数料がかかる

⇒マネパカードなら国内ではクレジットカードとしては使えるので、払い戻しをせずとも使いきれそう

国内・海外旅行傷害保険が付帯されていない

⇒海外専用プリペイドカードに加えクレジットカードも持って行くので問題なし

チャージを忘れると残高不足で利用できなくなる

⇒マイページでは確認できるので、インターネット環境があるとことでこまめにチェックをして対応。残高が少なくなれば早めにチャージしておく(入金までに時間がかかるため)

一番おすすめはマネパカードという結論になりました

各社の海外専用プリペイドカードを調べた結果、私の場合マネパカードが一番お得に利用できそうなので、申込しました。

今回、訪れる国は、カナダ、ベルギー、スイス、フランス、ポーランドなので利用する外貨は、カナダドル、ユーロ、スイスフランです。

マネパカードの取り扱い通貨は米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、香港ドルの5通貨だけですが、米ドルを入金しておけば取り扱い通貨以外の国でも利用できるので問題ありません。

マネパカードの一番の決め手になったのは、外貨両替手数料が0.8%と一番安いことです。クレジットカードでも1.6~2%、国際キャッシュカードなら3~4%かかるので、0.8%は驚異の安さ。これは魅力的です。

しかも、支払いやATM引き出しに利用する通貨とチャージしている通貨が同一であれば、利用手数料もかからないので、外貨両替手数料の0.8%だけでショッピングができることになります。

もう一ついいなと思ったのがカード内に使い残した外貨は手数料無料で円に両替して出金できるということ。もしくは、マネパカードの円口座にチャージしておいて、日本国内でのショッピング時にクレジットカードとして利用することができます。(チャージしている金額内)

頻繁に海外に行かない場合、チャージして残ったお金を払い戻したいけれど、手数料がかかるのは損した気分になりますよね。マネパカードなら国内で利用できるので払い戻しの必要がありません。

さらに、マネパカードの日本国内でのショッピング利用では、利用額の1~2%がキャッシュバック還元までついているお得度満点カードです。

「マネパカード」はコチラから

ホテル予約でキャッシュバックを受ける方法

みなさん、ホテルの予約はどのようにされていますか?

ホテル予約の度に毎回「キャッシュバックを受け取れる」としたら、嬉しいですよね!


「ホテルを少しでも安く、お得に予約したい!」

その思いで、試行錯誤してきた私のおすすめホテルの予約方法をご紹介します!

ホテル予約で毎回キャッシュバックを受ける方法はコチラ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

agodaで予約の変更をした体験談、メールや電話で問い合わせてみた結果

ヨーロッパ周遊、世界一周におすすめ格安プリペイドSIMカード!threeの利用し...

SPGアメックス自分で紹介して17000ポイント!お得な入会方法のやり方

ヨーロッパの格安航空会社easy jetの予約方法と予約の際の注意点

2018年SFC修行!ANAスーパーフライヤーズカードのメリット、入手方法

京急anaのマイルきっぷを買ってみた!けいきゅん券売機の使い方